2020年07月17日

「栄養」はなぜ「栄養」なのか?

 みなさん、こんにちは!
製造部のNと申します。初めてのブログで、読みづらいと思いますが、
お付き合いくださいね。

 さて、我が「ギノーみそ」の製品は、どれもおいしくて栄養豊富な
製品ばかりであると自負しておりますが、この「栄養」という言葉は
どのようにして定着したかご存知ですか?

「知らない。わからない。」という方、
某局の🌕🌕ちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と
叱られてしまいますよ。

答えは、
「栄養学の創始者、佐伯博士が愛媛県伊予市に住んでいたことが
あったから。」
です。

みなさん、「どういうこと・・・?」と思われているので、
説明しますね。

 栄養学は、実は日本で生まれた学問で、世界各国はこれに倣って
います。栄養学を確立し、日本はもとより世界中を啓蒙したのが
愛媛県出身の「佐伯矩(さいきただす)博士(1876年〜1959年)」
です。
佐伯博士は、1918年に文部省に対し、「営養」の標記を「栄養」に
統一するよう建言し、1920年に公用語として使用されるようになり、
後に定着しました。

では、なぜ佐伯博士は「栄養」としたのでしょうか。

「たぶんこうなんじゃないか」と言われているのは、佐伯博士は
愛媛県新居郡氷見村(現・西条市)に生まれ、3歳のころ愛媛県
伊予郡本郡村(現・伊予市)に移り、少年時代を過ごしました。
この時の住まいの近くに「栄養寺」というお寺があり、佐伯博士も
時々訪れていたため、「栄養」になじみがあり、「営養」より
「栄養」のほうが適切だと思われたんじゃないか、と言われています。

「栄養寺」は、寛永14年(1637年)に開山されたとされる、
浄土宗のお寺です。「栄養寺」という寺号は他に例がなく、
「栄養」という言葉が使われた例として最古といわれています。
「栄養寺」には、現在も佐伯博士の筆による「栄養」の書が
残っていて、参道には佐伯博士の顕彰碑が建立されています。

        <栄養寺 本堂>

    ・確かに榮(栄)養寺

     ・佐伯博士 顕彰碑

おわかりいただけましたでしょうか?

ちなみに、我が「ギノーみそ」の創業者「故 田中義一」も
「栄養」ゆかりの地、伊予市の出身です。

今後も、おいしくて「栄養」豊富な製品をご提供してまいりますので、
ご愛顧くださいね。

・栄養寺(えいようじ)
 所在地 〒799-3114
     愛媛県伊予市灘町52










posted by ギノーみそ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

ひさびさのミソ地蔵へ・・残念でも気持ちは前向きに。

はじめに
このたびの豪雨被害に際し、亡くなられた皆様に謹んでお悔やみ申し上げるとともに、
被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様と関係者の皆様が一日も早くこれまでの日常を取り戻されるよう、弊社一同祈っております。


さて、改めまして
今回、初めてブログを書きます、広島を拠点に営業活動している歴史好きの営業部kです。

営業として昨年入社の新人ですが、何故か営業部ではかなり上の方の年齢みたい😨。

こちらの梅雨明けはもう少し先みたいですが、皆さん梅雨時期の体調管理には十分気を付けて下さいね。

30年以上、味噌に携わっている私は祈願をして頂く為、以前お世話になった広島市内にある才蔵寺(さいぞうじ)に行ってきました。

才蔵寺は、脳病全快・知能啓発など頭にまつわるもののご利益と言う事で、脳病治癒祈願する方や進学・就職などの合格祈願の方 が訪れ、そこには知る人ぞ知る【ミソ地蔵】があるお寺です。
みそじぞう.PNG


よーし行くぞ❗

才蔵寺は福島正則の家臣の可児才蔵が祀られているお寺で、可児才蔵は宝蔵院流十字槍の達人で、関ケ原の合戦で 討ち取った首に自分の証として武将の口に笹の葉をくわえさせたので【笹の才蔵】と言われた武将です。

関ヶ原の合戦後、福島正則に従って広島に移って晩年は仏門に入って人々の脳病平癒の治療に専念し、味噌造り を勧めたり、貧しい人々に味噌を配り社会奉仕を行ったみたいです。又、福島正則が改易になった際の戦いに備え、味噌を集めたと言う故事から才蔵寺にミソ地蔵が出来たらしいです。

さぁ〜石階段をのぼって 久しぶりののミソ地蔵へ。
※意外と急斜面です。。。。
医師団.PNG


うん?何か白い貼り紙が嫌な感じ。え〜山門が閉まっている〜。


可児彩像増.PNG
山門の隙間から可児才蔵像が!!



その先にミソ地蔵があるのに・・↓
こんなみぞじぞう.PNG



え〜テンションだだ下がり⚡
ここですごすご引き下がるKではありません。昔、お世話になった住職さんに📲お電話
久しぶりに住職さんのお声を聞き懐かしく(涙)。
聞いた所、コロナ等の影響で6月・7月末迄開けて無いんだって。残念。ここにもコロナの影響が!

ちなみに、ミソ地蔵の祈願の仕方は下記の通りです。
1.ご祈願札にお願い事、名前、年齢(数え年)を書いてみそにとめる。
2.味噌をミソ地蔵の頭の上にのせ、サムハラ サムハラ サムハラと3回唱える。
3.その味噌を自分の頭にのせ、ムハラ サムハラ サムハラと3回唱え、お願い事をします。
4.みそとご祈願札をお供えします。

※以前頂いた、かにさいぞうの尊の笹守り
おまもり.PNG

と言う事で、久々のミソ地蔵に祈願出来ませんでしたが、久々に住職さんとお話が出来、優しいお言葉を頂き気分が楽になりました。 8月に再度訪問してみようと思っていま〜す。

皆さんも広島に来られた際には、立ち寄ってみたら如何ですか?
初めてのブログってやっぱり難しいですね。 😖
最初なんでご勘弁を。次も広島情報を少しでも発信出来たらと思います。

これから、梅雨明けしたら本格的に夏ですね!夏にはギノーのあま酒で疲労回復・熱中症対策を。
あまさけ.PNG
posted by ギノーみそ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

自然とのふれあい満喫な休日

こんにちは。
管理部のFです。久しぶりにブログが回ってくる間に結婚してもうすぐ2年がやってきます
最近、やっと自粛も解除されいろんな所に出かけられるようになりました。
それでもやっぱり人混みは怖いので出来るだけ自然が多い所に主人とでかけたりします。
つい最近、東温に滝を見に行ったり四国カルストに遊びに行ってきました。
新緑にあふれ自然の空気に触れることで自粛疲れも少し解消されました。
実は、モミの木のチーズケーキが食べたかったのですが、1時間前に売り切れてしまったとのこと、残念
でも近くのミルク園で美味しいチーズケーキ食べれたので満足です。
たくさんの牛さん達も間近で見ることが出来、ポニー牧場ではうさぎや人懐こいヤギとも遊ぶことができとても楽しい一日を過ごすことができました。
IMG_8040[1].jpegIMG_8047[1].jpegIMG_8063[1].jpegIMG_8101[1].jpegIMG_8098[1].jpegIMG_8064[1].jpegIMG_8068[1].jpegIMG_8066.jpegIMG_7947.jpeg

これからもっと本格的な夏がやってきます夏はやっぱりみそがかかせません!!
ということで、、、 冷やし中華のタレをギノーの【伊予のみそ】で作ってみました。

タレ調理例 2人前
・伊予のみそ 大さじ3
・すりゴマ  大さじ2
・砂糖    大さじ1.5
・酢     大さじ1.5
・ごま油   大さじ1
・醤油    大さじ1
・水     80CC

今回は冷やし中華にして食べましたが、ぶっかけうどんにも使えそうです。
とても美味しく簡単ですのでぜひご家庭でお試しください。

最後に、実家の家庭菜園で両親が育てた新鮮きゅうりを頂いたのでさっそくギノーの【ひしお】をつかってもろきゅうにして食べました。
今回は甘口タイプのひしおの上に生姜をのせて食べました。

IMG_8110[1].jpegひしお150g.jpg
ひしおは焼きおにぎりやお茶漬け豚肉の味噌漬けやご飯に乗っけるだけなどいろんな食べ方があって美味しいです!
ぜひそれぞれのご家庭でいろんな薬味をのせてお楽しみください。
これからのシーズン食欲が減ってきなと思うときもとても重宝です

IMG_8103.jpeg
今の季節、カラフルな紫陽花がとてもきれいですね。

これからのシーズンみなさん夏バテに気をつけてしっかり水分補給してくださいね!


posted by ギノーみそ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする